体験レポート
岩藤 愛さん

豊橋~名古屋~大阪へ 怒涛の二日間!!

関西大学 4年

岩藤 愛さん

鞄持ちインターンで得たことと決意

岩藤 愛2

5/10 1日目

5:30 代表から電話。寝ていたため出られず。留守番電話を付けるようにとメッセージをいただく。ごもっともである。掛け直したところ、待ち合わせが名古屋から豊橋に急遽変更になったとの連絡をいただく。時間も早まる。しかし乗り換えを調べて自宅から遠くなったことを知り焦る。電車を必死で調べる。

7:00 代表が生放送で出演なさるMXtelevisionをアプリで観ながら山本さんに連絡。カバン持ち経験者の皆さんの連絡先を教えていただく。必死で電話を掛けるが朝早いこともあり皆さんなかなか繋がらない。しかしみなさん留守電機能がついている。ありがたくメッセージを吹き込むと共に、一刻も早く自分も留守電機能を付けることを決意する。

8:00 なんとか数人の方と電話が通じ、お話を伺う。朝早いのに皆さん懇意丁寧に対応してくださり感動する。ついつい話し込んで身支度の時間がギリギリになり焦る。代表にメールで連絡をする。

9:00 身支度を整え、家を出る。思ったより荷物が多くなりカバンを持った瞬間後悔をする。大阪は霧雨。日経新聞、産経新聞、日経ヴェリタス、メガシャキを購入。メガシャキを買ってから、いま買うと着くまでにぬるくなってしまうことに気づき申し訳なく思う。

9:37 新大阪から新幹線で移動。移動中も経験者の皆さんに電話を掛けまくる。無事5人からお話を伺うことに成功。達成感とともに名古屋へ到着する。

10:47 在来線へ乗り換え豊橋へ向かう。時系列レポートをまとめながら電車に揺られる。日経ヴェリタスは読まれないそうだ。

11:37 豊橋到着。到着直前にストッキングの伝線に気づき焦って履き替える。代表に買っておくように言われた小説を探すが見つからず。

11:56 代表豊橋到着。無事合流できて一安心。テレビ出演の後だったからか、お疲れのご様子。かばん持ちスタート!!

12:00 株式会社トヨタネ様企業説明会へ。新卒採用担当の山川様と名刺を交換させていただく。名刺交換が下手すぎて悲しくなる。代表は渋い顔。
代表が登壇し、10分ほど説明会に来られた学生さんに3本の矢のお話をされる。説明会の最後に代表取締役の川西様とも名刺交換をさせていただく。代表に名刺交換の下手さと、連絡先を書いていないことを指摘される。

12:40 説明会が終了し、別室へ移動。代表は暑そう。名古屋支社長の西島さんともお会いする。山川さんからプチトマトをいただいて食べる。代表はトマト嫌いだがトヨタネさんのトマトだけは食べられるそう。
今朝テレビ出演なさった際に大仁田厚さんの虫の居所があまり良くなかったようで、その話を山川さんにされている。口では面倒くさいなどとおっしゃっていたが、言葉の節々に大仁田厚さんへの大きな愛を感じる。お話を聞いているだけで、お2人は本当に良いパートナーなのだなということを感じることができた。

12:55 説明会場に新聞紙の入った袋を忘れたことに気づく。代表がタイミングを指示してくださり無事回収。

13:00 代表はすごい勢いで電話とメールをしまくっている。西島さんと打ち合わせ。その後、次にかばん持ちインターンシップをする佐藤さんと電話でお話をしたりする。Twitterでインターンのことを呟く課題をいただいて焦る。代表から話に具体性がないとご指摘を受ける。

14:30 株式会社トヨタネさん面接
自分がザメディアジョンの説明会兼選考を受けたときのことを思い出す。学生たちの緊張が伝わってくる。息が詰まりそう。代表もかなり集中なさっている様子。具体的なエピソードを話す学生の皆さんのお話を聞いて、反省する。

15:00過ぎ 面接終了。代表と山川様がどのような視点で学生を見ているのか気になる。とても興味深い。

15:30 会場のホテルを出て、飲食店街へ。ジュースを買っていただく。代表がジュースの写真を撮っておられるので不思議に思っていたら、なんとライザップをなさっているそう!!魚の照り焼きを買っていただき食べるも、照り焼きのソースを気にしてらっしゃった。結局食べておられた。

16:30 代表に質問を促される。質問力の低さを痛感。面接の際に指摘された自己PRの具体性のなさが図星だったので相談をする。私の悩みがぶれていること、的外れなことを叱っていただく。そしていいものを持っているのにそれを出せていない、という言葉をいただいて思わず泣きそうになる。代表は自分の強みと弱みをしっかりと把握した上で自身の強みを最大限まで伸ばす努力をされているように感じた。コンプレックスと向き合うこともなかなかできることではないので感服。弱みばかりに目を取られていても、成長はないということを学んだ。代表が本日初めてしっかりとしたお声で私に言葉を下さったのがとても嬉しかった。代表のことをもっと知りたくなる。かばん持ち終了までに知覧や、障碍者支援についての質問をしようと思う。

16:46 新幹線で名古屋へ。席を取るように言われたので指定された1号車で席を取り代表を待つも現れず、無事乗れたのか心配する。名古屋支社の西島さんとは無事合流。代表からお疲れのため5号車で休まれるとのメッセージが入る。無事乗れていたことに安心。途中、西島さんから今から伺う会社の情報を教えていただく。どんな会社なのかと携帯で調べる。

17:20 名古屋到着。5号車まで代表を迎えに行くべきだったと後悔。改札で無事合流。経験者の方から体験談を伺った際に、多くの方が代表とはぐれて困った、といったことをおっしゃっていたが、今日の代表は朝からずっとわたしが少し遅れると必ず立ち止まって手を上げて少し振りながら私を待っていて下さった。優しさを感じる。

17:25 タクシーで移動。荷物が多いため助手席へ乗る。後部座席で代表と西島さんは今からお会いする満油商事についての情報を共有なさっている。西島さんの軽快な語り口に代表笑顔。新幹線を待っている際に、代表が西島さんのことを教養がありすぎる、とおっしゃっていたことを思い出す。確かに西島さんは会話の引き出しが多く、お話も論理的で面白い。

17:50 雨が強くなってきた。タクシーで満油商事到着。代表取締役社長橋本様と名刺交換を行う。とても優しそうなお方。ネクタイの柄がディズニーキャラクターのスティッチで可愛らしかった。満油商事の管理職、幹部向けの新卒採用に関する研修会が行われる。代表と西島さんがそれぞれ50分お話しするというプログラム。西島さんのお話の最中、代表から携帯を使用する課題を出される。今やってほしいとのこと。お話の最中に携帯を使うのは忍びなかったが、できるだけ早く終わらせようと急いで打ち込む。

19:00 代表のお話が始まる。5つのJのお話などをなさる。 途中、私の紹介もしていただき、皆さんに挨拶をさせてもらう。代表への印象の変化について話したが、しどろもどろになってしまった。

20:00 研修会終了。満油商事の皆様とささら庭名古屋にて会食。かばん持ちとして、飲み物のお代わりやサラダの取り分けなどを行うが、なかなか難しい。特に席の遠い方のお代わりを尋ねるのがなかなかできなかった。西島さんが場を回し、代表は橋本様のお話にちょうどいいタイミングで質問をしてらっしゃり、流石。聞く力と質問力の必要性を改めて感じる。橋本様の幾つになっても、謙虚に様々な人から学びを請い続けている姿勢に、代表との共通点を見る。

22:00過ぎ 会食終了。代表はここでホテルへ帰られる。私も宿泊場所を探さねばならぬが、土地勘がないのでここがどこか分からない。そこでなんと、ほろ酔いで上機嫌の橋本様が幹部の皆様と西島さん、私を2軒目へ連れて行って下さる。テニス友達がマスターのBARへ。橋本様曰く、リトマス試験紙のような店。バーのマスターに連れてきた人の人間性をはかってもらうとのこと。ウィスキーが有名らしく、飲み慣れていないのでハイボールを頂く。おつまみも美味しく、幸せな気分に浸る。たくさんの貴重なお話を伺うことができた。

0:00過ぎ 橋本様と別れ、西島さんが共に宿を探して下さる。代表の明日のご予定や宿泊場所をちゃんと伺えなかったことを注意され反省。地下鉄で名古屋駅に移動することに。終電へ駆け込む。

0:30 本日の宿、ネカフェへ到着。初めてのネカフェ泊。疲れ果てて一瞬無になるが、代表に頼まれていた課題の存在を思い出し、コンビニへ封筒と切手を買いに行く。

3:00 シャワーを浴びてから名刺への連絡先の記述、お礼メールの作成、時系列レポートの記述を行っていたらこんな時間に…。そろそろ体力も限界なので寝ようとおもいきや、隣のブースの男性が象の鳴き声のような音を立てていて全く眠れず。辛い夜を過ごすことに…。

5/11 2日目

4:30 起床。隣のブースの象はまだ鳴き続けている。3:56に代表からメッセージをいただいているも、寝ていて気づかず。なんと朝食のお誘い!!急いで身支度をする。

5:10 ネカフェを出る。代表は柳橋中央市場というところにいらっしゃるとのこと。代表がメッセージで送ってくださるアバウトな情報がどこのことなのか推理するのが楽しい。googleマップで調べると歩いて行けそう。柳橋中央市場へ向かう。

5:30 柳橋中央市場に着いたころに、代表からお目当のお店が定休日との連絡をいただく。豪華朝食はおあずけ。残念。柳橋beer gardenの動画と写真を撮るように頼まれる。今のシーズンはやっておらず、閑散としている。動画は静かなものと実況入りの2パターンを撮った。市場の方にかなり不審な目で見られた。

6:00 代表から時系列レポートの提出と、椿神社の写真を撮ってくるよう言われる。あまり時間がないのでレポートをまとめながら椿神社へ移動。日本兵のような風貌のご老人がヨガ?のような動きをなさっている。すごい雰囲気。境内を動き回ってらっしゃるので動画撮れず。指定されたA級戦犯記念写真がいくら探しても見つからないので仕方なく入口を撮影。お参りはできてよかった。

7:29 なんとか無事に課題提出。大阪行きの新幹線の新幹線で代表と合流。すぐにパソコンを開いて渋い顔。沈黙が苦手なので話しかけるも、タイミングを誤った模様。仕方がないのでパンを食べる。

8:16 新大阪着。歩いて大阪支社へ向かう。

8:30 大阪支社で勉強会。株式会社武蔵野の志村様、新入社員の山本さん、稲田さん、選考中の京都女子大学の才ノ平さんと共に参加。株式会社武蔵野の代表、小山昇氏の著書『仕事ができる人の心得』からいくつかキーワードを引用し復唱。即席で自身の考えを述べなければならないのだが、これがなかなか難しい。代表に首をかしげられる。続いて、ザメディアジョンの社員の皆さんが全員持っていらっしゃる手帳(名前失念)から環境整備の項目を読み上げる。社員同行の際に朝皆で清掃をしていたことを思い出す。

9:20 環境整備。山本さん、稲田さんが整備した大阪支社の室内を代表と志村様がチェック。物の向きや、床のホコリなどまでかなり細かくチェック。代表のチェックは辛口。物の向きを揃えることの重要性を教わる。代表からコーヒーを淹れてと頼まれるが、コーヒーメーカーが故障していたので外の自販機まで買いに行く。志村さんの分も合わせて2本購入。が、エレベーターで帰られる志村さんに遭遇。挨拶をし、コーヒーをお渡しするも荷物にならなかったか心配する。

10:00 プロレス界の某超有名選手の取材。プロレスのことは全く知らないのだが、とてつもなくオーラがあった。お顔が小さく、身体が大きいのでとても迫力がある。
代表がお話なさっている様子をスマホの動画で撮影。どのように撮影すればいいのか尋ね忘れたため、色々な方法を試すが、静止して撮るのが1番よかった。
お話の最初、代表に対して某超有名選手がバリアを張っているように感じる。そのときは知らなかったのだが、後々尋ねると、代表がオーナーを務めているFMWの大仁田厚さんと某超有名選手は対立関係にあるらしい。敵のボスに会いに行くのだから、身を硬くするのも仕方がないだろう。
しかし、お話をしていくうちに某超有名選手の緊張が解けていくのを感じる。言葉数が増え、身振り手振りを交えてお話されるように。代表は決して多く話されない。話をしっかり聞き、ちょうどいいタイミングで相槌を打ち、質問をすることで某超有名選手が話しやすい環境を作られていた。他者からの信頼を得るためには聞き上手であることも大事なのだと感じる。
某超有名選手が自身もプロレスラーでありながらレスラーは嫌いと言っていたエピソードが印象的だった。
個人的にはずっと姿勢を正して立っておくことがかなりしんどかった。途中からモゾモゾしてしまい反省。
最後に一緒に写真を撮っていただく。

11:45 外に出て代表、山本さん、稲田さん、才ノ平さんと近所の和食屋さんで昼食。ここで代表からボロクソにダメ出しをされる。かばん持ちなのに内容のないことを喋りすぎ、マイペース過ぎ、その他もろもろお叱りを受ける。図星すぎたこと、恥ずかしさなどいろんな感情が渦巻いて何故か泣きそうになるが必死で堪える。笑 胸が詰まり、ご飯が喉を通らない。少し残してしまい申し訳なかった。しかし、社長が言葉を下さるのはやはり嬉しい。

13:00前 代表はこれから執筆作業をなさるということで、かばん持ちを才ノ平さんにバトンタッチ。私はここから山本さん、稲田さんに同行し、ふたば産業株式会社の説明会へ伺う。西梅田が会場だったのだが、お2人とも関西出身ではないので迷いながらなんとか到着。

13:30 ふたば産業株式会社説明会スタート。なんと私も学生として説明を聞かせていただく。社員の皆さん笑顔で明るく、とても良い雰囲気。松本代表が登壇なさってお話をされたのだが、家族を大事にすること、社員を家族と同じように思うことなどなど、ザメディアジョンや、前日会食をした満油商事と価値観に共通点が多々あり驚く。経営者のお話を聞くのはやはり面白い。滞りなく進行し、他の学生さんも皆笑顔。いい説明会だった。

16:30 説明会終了。代表が17:10の新幹線で東京へ戻られるということで、皆さんに挨拶をし、急いで新大阪へ向かう。

16:50 ホームで代表と合流。ギリギリになってしまったが、最後にご挨拶が出来て良かった。私は最後まで緊張しっぱなしで、たくさん空回りしてしまったが、最後に柔らかい表情(苦笑い?)で代表がお話をしてくださったことが嬉しかった。ぶっきらぼうで、厳しいこともたくさんおっしゃるが、やはり愛のある方だなあと思う。今度はかばん持ちとしてではなく、ゆっくりお話を伺いたい。精神的、肉体的にも本当に苦しい2日間だったが、実り多き時間を過ごすことができた。
たくさんの貴重な経験をさせていただき、感謝でいっぱい。この経験を生かして、もっと成長していけたらと思う。
2日間、本当にありがとうございました!!