2016.01.19 Tue |

鞄持ちインターンシップは『オヤジ慣れ』しておくため!?

syukatsu_group_mensetsu

こんにちは!あの山近義幸.jp事務局の宇津木です。

今日から定期的にこのお知らせページを使って就活や
インターンシップのお役立ち情報を送らせていただきます。

時に山近のダイレクトメッセージをお送りすることも
ありますので、楽しみにしていてください!

今日は事務局から、山近がよく講演で学生の皆さんにお話を
させていただく『インターンシップは『オヤジ慣れ』しておく
ため!?』というテーマでお送りいたします!

さて、就活の最終選考で最後に皆さんの内定の合否を決める
のは誰でしょうか?

答えは【オヤジ】です。

若くて四十代~場合によっては六十代のおじ様やおば様が                      最終ジャッジをします。

なので、選考の最終局面では、皆さんと二回り以上歳が離れて                    いるおじ様&おば様の心を鷲掴みにしなければいけないのです。

大抵のインターンシップでは、皆さんによい印象を持ってもらう                   という目的もあって、若手の社員が担当をします。                         リクルーターもしかりです。

年の近い社会人は話しやすいですし、楽ですが、それだけで
満足して終わってしまっていては、就活で一番力を発揮しな
ければいけない最終面接でカチンコチンに緊張してしまい、
本来の自分を出せずに落ちてしまうという最悪のシナリオが
待っています。

そこで必要なのが『オヤジ慣れ』です。

初対面のおじ様やおば様方との会話に臆せず、リスペクトもしながら、
ある場面では対等に話が出来るようになるためには、どうしても練習が                必要です。

そこで我々がお勧めしたいのが、山近の鞄持ちインターンシップです!

経営者は経営者と会います。鞄持ちインターンシップに参加をすれば、                最終面接でジャッジをしているようなおじ様やおば様たちとばかりと                 会えます。

まだ『オヤジ慣れ』が出来ていないなと思う方は、ぜひこの
インターンシップを練習に活用してください。

マイナビでかばん持ちインターンシップの説明会を随時開催して                   いますし、日程が合わない場合は、電話での個別説明もしています。

マイナビはこちらから

一人でも多くの学生さんが自分が行きたい会社の最終面接で
しっかりと自分の良さを発揮できるようになってもらえたら
うれしいなと思っています。